10月5日に美女♂menzのメンバー
桜塚やっくんと砂守孝太郎さんが
高速道路で事故死しました。

桜塚やっくんは心臓破裂、
砂守孝太郎さんは外傷性ショック死とのこと。

桜塚やっくんの死因である心臓破裂の詳細は

心臓破裂の詳細|桜塚やっくんの死因
に書かれています。

そこで、砂守孝太郎さんの死因である
外傷性ショック死について詳細に解説したいと思います。

おそらくご存知だと思いますが、
ショックという言葉を使っていても
精神的な意味でのショックではありません。

そうではなくて、
医学的にいうときのショックとは
血液の循環がうまく機能しなくなった状態のことを言います。

具体的には出血多量で起こる出血性ショックや
ハチに刺されたりして起こるアナフィラキシーショック
などがあります。

砂守孝太郎さんの死因は外傷性ショックです。

どういうことかというと、
砂守孝太郎さんが車にひかれたこと
つまり外傷のために
たくさん血が流れたんだと思います。

そして、全身の血液の量が減ってしまった。
そのため、心臓に血液がなくなってしまいます。

心臓は血液を全身に移動させる臓器ですので
心臓がうまく機能しなくなります。

結果として心臓の動きがとまってしまい
死亡してったものと考えられます。

したがって外傷性ショック死ということは
おそろしいくらいの出血量だったんでしょう。

砂守孝太郎さんは
高速道路で中央分離帯に車がぶつかったため
下車して、路肩に向かおうとしたようです。

しかし、後続車にはねられ死亡したそうですが
時速100km程度の車にはねられると
ほぼ100%亡くなってしまいます。

これは結果論でしかないですが、
今時なら誰でも携帯電話を持っていると思います。

であるなら中央分離帯のあたりで
停車した車にのっているのは
恐ろしいことだと思います。

でも、電話して救助してもらうのが
得策なのかもしれません。

あわせて読みたい関連記事